高橋和司 戦略 Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国、日中韓を結ぶトンネル建設を検討

<<   作成日時 : 2010/09/22 10:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0





これ、ソースが不明なら「トンデモニュース」として一笑に付していたのだが、何と発表主体は韓国政府の国土海洋部というのには恐れ入った。どうしても不安な方はほかのメディアの記事も探してクロスチェックして欲しい。

どっかの協会の○鮮○の話したことなら「あぁ、またか」なのだが、鉄道による貨物輸送など基本的に時代遅れな手段をいまだに高く買って、もともと貿易立国の韓国がさらに貿易を増やすことを予定するようなマネをすることは、国内産業の育成と国民の雇用機会増大という難問に挑まなければならない韓国にとってはトロイの木馬に等しい行為ではないか。

最もここは「戦略ブログ」、経済の話をするのがメインではない。日中韓が陸路でつながった場合、地政学的に交通路が大変化するので、安全保障の常識を一変させてしまう。陸軍力が、中国>韓国>>日本(ただしテクノロジーでは逆になる可能性がある)なので、韓国陸軍と陸上自衛隊が(もちろん人民解放軍もだが)今までの軍隊は位置を全く改めなければならなくなる。日本は今まで以上に九州に集中配備すれば良いだけのことだが(といっても地方自治の関係から北海道の陸自部隊を九州に動かすのは政治的に困難であるが)、韓国はDMZ沿いに主力部隊を配置しているのが、トンネルの出口付近にもいささか部隊を配置しなければならなくなり、韓国海軍の対日シフトと合わせて、国防計画において国土の全正面を守備する部隊配置をしなければならなくなるので、いくら韓国が国防予算を増加させているとはいえ、ナチス滅亡までの統一ドイツのような非常な警戒感を要求される。

最も記事では計画を「策定した」ではなく、「これから行う」とだけ書かれているので、上記の理由で軍部が反対するという可能性もなきにしもあらずである。それから実行に移そうにもトンネル完成までに30年はかかる長大トンネルを掘削している間に、ほかの国際環境が変化する可能性すら不安視される。それこそかつての「万里の長城、ピラミッド、戦艦大和」に次ぐ、大失敗したビッグプロジェクトの仲間入りをするのではないか。

それなら韓国政府が国家の機関を使って計算するよりは、前田建設ファンタジー営業部にでも任せてほしいものである。でもあそこ、今はジャブローの建設企画策定で忙しいかな。


ルートの可能性は、福岡⇔釜山⇔(京釡線)⇔大田⇔(京全線・全羅線経由)⇔群山⇔威海衛の可能性が高いものと見られる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

他人ブログのリンク

韓国、日中韓を結ぶトンネル建設を検討 高橋和司 戦略 Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる