テーマ:軍事

藤村官房長官、武器輸出三原則緩和の談話発表

上記の記事でどんな発表がなされたかについては既報通りなので、ここで繰り返すことはしない。私も正直いってネトウヨの皆さんと大差なく、民主党政権下で国防の根幹が崩れてしまう、という心配はあった。よって、個人的に心配なのは~三原則というものをスキがあれば作ってしまう政府関係者の言動・行動であり、緊縮財政を求めている財務省に丸め…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

筑波大学大学院教授・古田博司 『「老人」と中国が北の独裁支える』より地政学風味の妄想

最近売れていると思われる本に『われ日本海の橋とならん』(加藤嘉一著 ダイヤモンド社2011年刊 1575円)がある。amazon.co.jpのランキングでは「日本論」として21位、全和書で6,955位となっており、これが売れている数字なのかは読者にお任せする。 われ日本海の橋とならんダイヤモンド社 加藤 嘉一 Am…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米中冷戦の幕開けか?――中国、新兵器を続々開発

今更米中対立の話は聞き飽きたという読者は多いであろう。だが中国が実際にステルス性能とスーパークルーズを持ち合わせた戦闘機を開発したとなれば、少なくとも戦略blog的には聞き捨ててはおけない。 米軍トップのマイケル・マレン統合参謀本部議長は昨日、中国の次世代兵器開発計画にコメントし、特に殲20(J20)戦闘機に対して…
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more

普天間は共同使用拡大で解決を:拓殖大学大学院教授森本敏

まぁどうしても「やまとんちゅー」の視点から見ると、 >沖縄県民の声は「差別」への不満である。なぜ沖縄を本土と差別するのか、なぜ本土の安全のため沖縄だけに米軍基地を押し付けるのか、という問題に真剣に取り組まなければ、普天間問題は前に進まない。経済振興策だけでは「差別」感は解消しない という見方になるのかもしれな…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アメリカはいざというときに日米安保を発動しない?!

平和・安全保障研究所理事長の西原正先生(さいばら、ではない)によると、やはり豊かになった韓国(ここで嫌韓の人や百瀬格先生はブーイングしないこと)には自国の領土が軍事的に侵されても、全面戦争でなければ報復はできないという論を発している。せいぜいが数日前に行われていた黄海の軍事演習に空母を入れるという示威行為をするに過ぎない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド空軍、兵器の半数が時代遅れ 近代化を急ぐ

ご存じの通り、インド(ヒンドゥー語ではバーラトというらしい)の仮想敵国(実は「仮想」の二文字は取れているといってもいいかもしれない)は中国とパキスタンで、しかもこの両国は書面上の同盟こそ結んでいないが、インドにとっては事実上一体の仮想敵国と想定してもおかしくない。しかもアンダマン海・インド洋というインド沖の海面は中国(の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府、南西諸島への陸自配備を検討 尖閣沖漁船衝突を受け

私は今回の内閣改造で、防衛大臣も別の元自民党あたりの老政治家に交代したのかと思いきや、北澤さんが留任だったのですね。 ちなみにこの北澤さん、漫画『鉄子の旅』第三巻56ページに登場する県立屋代高校の出身である。まぁ菊池先生と横見先生とカミムラさんが訪問した当時は民主党羽田グループの陣笠議員だったはずで、確かに有名な政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「9.11テロは米国が仕組んだ」、イラン大統領演説に欧米高官が退席 国連総会

ここは戦略ブログであって、地政学ブログそのものではないが、まずは合衆国と回教共和国(イラン)が共和国側に石油さえなければここまでもめることもなかろうに、と「地政学的リスク」で話を始める。 しかし合衆国と回教共和国の中が最悪なのは、そんなに長い歴史があるわけではない。まずはイラン革命。パーレビ―朝の黒幕は合衆国と信じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国、日中韓を結ぶトンネル建設を検討

これ、ソースが不明なら「トンデモニュース」として一笑に付していたのだが、何と発表主体は韓国政府の国土海洋部というのには恐れ入った。どうしても不安な方はほかのメディアの記事も探してクロスチェックして欲しい。 どっかの協会の○鮮○の話したことなら「あぁ、またか」なのだが、鉄道による貨物輸送など基本的に時代遅れな手段をい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海保の巡視船と中国漁船が接触、尖閣諸島近海

日本が実効支配し、中国と台湾が領有権を主張している尖閣諸島(中国名釣魚島)近海で、あぁ!またかというような国境侵犯事件が発生した。詳細は上のAFPの記事に譲るが、いくら隣国というものは必ず歴史をさかのぼると国境問題を抱えているものだとはいえ、日本は北朝鮮を除くすべての国と問題を抱えているからやっかいである。しかもその中で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「T1引退、F1も…・」について

「T1引退、F1も…・」について  このブログ記事の中で清谷信一氏は航空自衛隊の支援戦闘機(他国では攻撃機と呼ぶ)F1と、同じ設計の練習機T2の退役について疑念を表している。  確かに内部事情としての、防衛庁と合衆国の「大人の関係」やら財務省が予算を認めないという事情はあったのであろう。  それに清谷氏は疑問を投げかけるだけでなく、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦争研究大学 その1

序論:日本の高等教育における軍事教育の必要性  現在、日本には存在しない軍事科学・安全保障学の専攻の学部を、今こそどこかの大学に創設するべきときではないだろうか。その社会情勢的背景には戦後一貫して日本の軍事情勢は、周辺諸国の国際事情により木の葉のように翻弄(ほんろう)され続けてきたという不安があり、それが米ソ冷戦の終結以降ますます激し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「戦略」について・再考

 この記事は、奥山真司氏のブログ『地政学を英国で学ぶ』5月29日投稿「「戦略」について」へのトラックバックである。  私はこの戦略ブログで一度、「「戦略」という単語について」という記事を投稿した。その記事の中で、「戦略」という単語の定義があまりに拡散しすぎていることを嘆いた。 しかし、最近耳にした甚だしき"strategy"の使…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

「カチンの森の虐殺を認めないロシア-我が国はどうつき合っていくべきか。」について

「カチンの森の虐殺を認めないロシア-我が国はどうつき合っていくべきか。」について  ロシアという国は伝統的に「力」のみを信奉する国家であるだけに、ポーランドのような「弱小国」がいかなる正論を述べたとしてもそれを相手にする気は毛頭ない。  日本に対しても、日本が相対的に強力であった戦前の一時期はロシア=ソ連邦は日本に対しておとなしくして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「軍事問題」の展開

 一言で「軍事問題」といっても、ほかの社会科学と同様に研究分野は多岐にわたる。軍事に関していえば、伝統的な陸・海・空の三軍について、または諜報や兵站といって比較的地味ながら(それ故旧日本軍は無視してきた)重要な分野について、それに戦史研究も欠かせない。それに戦域の広さから戦略・作戦・戦術・戦闘と分かれ、さらに現代的課題として、ゲリラ・テ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more