高橋和司 戦略 Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤村官房長官、武器輸出三原則緩和の談話発表

<<   作成日時 : 2011/12/28 11:33  

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0





上記の記事でどんな発表がなされたかについては既報通りなので、ここで繰り返すことはしない。私も正直いってネトウヨの皆さんと大差なく、民主党政権下で国防の根幹が崩れてしまう、という心配はあった。よって、個人的に心配なのは〜三原則というものをスキがあれば作ってしまう政府関係者の言動・行動であり、緊縮財政を求めている財務省に丸め込まれて、意義が不明な防衛弱体化をしてしまう危険性を憂慮していた。

しかし、〜三原則を営々と築き上げたのは自民党政権下であり、それのひとつを緩和するのが、いくら首相が自衛官の息子とはいえ、民主党政権下であることは大きなパラドックスである。

そもそも〜三原則というものは憲法であったのか。単なる一総理大臣の指切りげんまんだったのではないか。自民党が真剣に国防に目を向けていれば、武器輸出三原則を単なる前の総理大臣によるただし書きであると声明を発表するなり、かえって同原則を守ってと称して、現在戦争下にない友好国にはセールスをかけておくなりすべきだったのではないか(この場合は受注に成功しても失敗しても構わない)。一「御用市民」の後出しジャンケンはいくらでもでできるが、自民党政権下では、先輩が築き上げたものを後輩が壊すことを嫌う空気があったのではないか。日本では「空気」が憲法の上にある、と喝破したのは作家の山本七平であるが、先輩議員や総理大臣経験者のメンツをつぶさないことが党内に空気として漂っていたのかもしれない。

それゆえに非自民・非社共の民主党出身の総理大臣が自民党内の空気を壊した(といっても武器輸出三原則の撤廃ではなく、緩和に過ぎないわけであるが)というのは、ある意味自然な流れなのかもしれない。

前段で「非社共」と書いたが、例によって社民党と共産党はこの首相談話に異議を立てている。彼らの異議の理由をいちいち各政党のホームページで調べるような面倒くさいことはここではしない。ただ、例によってこの三原則を壊すことによって日本は「死の商人」と化すことに反対しているわけである。今年の貿易収支は赤字になることが確定的なので、もし日本製兵器にそのような競争力があるとすれば、政府関係者・重工メーカーのセールスマン・そのほか代理店云々が喜び勇んで日本製兵器の売却に励むことであろう。とはいえ現実には武器・兵器の類は初めからその目的で作られているとは限らないものも多く、いちいち例を挙げることはしないが、それらを全て禁輸するとすれば、ほとんどの製品が輸出不可能になってしまう。

今回の武器輸出三原則緩和は、公にされているようにF-X(次期主力戦闘機)にF-35を導入することが決まったものの、そのF-35がいまだ開発途上で、現状では開発からNATO諸国と連携して開発過程に参加しなければ最悪開発中止になる可能性さえあり得るところに、国際共同開発の名の下に口も金も出すという話である、という話を真に受けても問題はない。あとは、新聞に書かれているところによればPKO活動に代表されるMOOTW任務(非戦争軍事作戦)に従事している国家に対して(多分民生・軍事双方に使える)装備品を売却できるようにするというのもひとつの道であるようだ。

戦車・軍艦・戦闘機のような在来戦争に投入できる装備については、軍事的合理性もさることながら、国家間関係の善しあしも重要な要因なので、いきなり日本の重工メーカーなり総合商社なりが飛び込み営業で売ろうとして売れるものではない。社共は(実は共産党の一部はその点に関しては重々承知しているにもかかわらず知らないふりをしている気配がありそうだが)そのあたりの調査能力が不足しているのではないか。国会図書館は野党議員でも必要があればVIP待遇で使うことができるので、どうか関連する公開資料を丹念に読んでから反対して欲しい。

余談だが、鳩山・菅といった首相がアメリカ離れを指向していた(ように見えた)ので、民主党は亡国の政党のように感じた人も多いと思う。野田首相はそのあたりは心配する必要はないが、戦闘機の国際共同開発という重要な政策を、欧米とのおつきあいと取るか、日米欧の価値観が一致する諸国がプロジェクトを共有する、極めて戦略的な行為であると取るかで野田首相の政治家としての価値が問われるということを肝に銘じて欲しい。

1/72 F-35BライトニングII STOVL【BSK-2】 【税込】 フジミ [F BSK2 F35BライトニングII STOVL]【返品種別B】
Joshin web 家電とPCの大型専門店
在庫状況:入荷次第出荷□「返品種別」について詳しくはこちら□2010年10月 発売※画像はイメージで


楽天市場 by 1/72 F-35BライトニングII STOVL【BSK-2】 【税込】 フジミ [F BSK2 F35BライトニングII STOVL]【返品種別B】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ メンズ
藤村官房長官、武器輸出三原則緩和の談話発表 高橋和司 戦略 Blog/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/10 01:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

他人ブログのリンク

藤村官房長官、武器輸出三原則緩和の談話発表 高橋和司 戦略 Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる