高橋和司 戦略 Blog

アクセスカウンタ

zoom RSS 石原都知事とフランス

<<   作成日時 : 2005/06/09 21:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

 「フランス語は数が数えられない言葉だから国際語として失格だ」という石原都知事の発言が昨年10月にあった。これは首都大学東京(旧・東京都立大学)の人文学部に相当する学部(首都大学では、都市教養学部と名付けられた)で、文学・語学に関する学科を大幅に減らすことを宣言した言明である。

 確かにフランス語の70以上の数は整然とした十進法の世界から眺めると不可解ではある。

フランス語の場合は99を「quatre-vingt-dix-neuf 」(20が4つに10足して、さらに9を足す)と表現されることになります。十進法オンリーの数体系の母語を有する学習者にとっては、確かにこれは取っつきにくいでしょう。「99」ならまだいいですが、「千」や「万」といった単位の数字だとさらに覚えにくくなります(ブログ:『石原都知事曰く「フランス語は数を数えられない」????』[プログレッシブな日々から]より引用)。


 しかし、フランス語は石原都知事の思い付きと違い、実際には近世・近代ヨーロッパの国際語として活躍した歴史がある。現に日露戦争の後のポーツマス会議で使われた言語はアメリカ合衆国で開催されたにもかかわらずフランス語であった。現在でもヨーロッパ大陸を旅行していると、英語は通用せず、フランス語かドイツ語で話さなければ用を足せないという地域はフランスやドイツの外にも意外に多い。
 ヨーロッパをないがしろにする石原都知事の態度は、第二次世界大戦後の日本が、それまでの英米仏独の優れた科学・技術・社会制度・芸術などを等しく学んでいた実績を捨てて、占領軍・進駐軍たるアメリカ合衆国一国主義に転換した日本の姿とダブる。
 フランス共和国という国単位で見れば、高速鉄道の開発や輸出を巡ってライバル関係にあったり、中国に対して武器輸出の再開を意図している、微妙な関係にあるのも事実だが、元首たるシラク大統領はヨーロッパでも有名な親日家である。何はともあれ、このことは日本にとって戦略的資産ではないか。まぁ、もちろんタフな外交を展開するフランスが、国益のかかった場面で譲歩するとは考えられない。が、微妙なところで大統領の態度が日本に有利にも不利にも動くことがあるのではないか。

追伸 しかし、石原都知事がこの問題発言をしたのは去年10月、今頃になってフランス語学校の経営者たちが裁判に訴え出るのは、フランス語が傷つけられたから、というより何か別の意図があるからではないか。

<AISBN:4411004879>フランス語のシッフル(数字)なんてこわくない!</AISBN>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
母語
母語母語(ぼご)は、幼児が最初に覚える言語。第一言語とも。日本語では、国を入れて母国語ということが多いが、言語は必ずしも国家と結びつくものではない(例えばフィリピンで母語として使われる言語は172あるが、公用語は英語とフィリピノ語の二つである)ので、この言葉が使用されるのは母国で使われる言語がほぼ単... ...続きを見る
英語学習教習所
2005/07/07 09:52
石原都知事
<石原都知事>「フランス語は国際語失格」発言で提訴される石原慎太郎・東京都知事が「フランス語は数を勘定できず国際語として失格」などと発言したのは名誉棄損に当たるとして、都内のフランス語学校校長、マリック・ベルカンヌさん(46)や日本人のフランス語研究者ら21人が13日、石& ...続きを見る
為せば成る、為さねば成らぬ何事も・・・3...
2005/07/13 15:19
いいのかよ〜、こんな人が知事で
[石原都知事]「フランス語は国際語失格」発言で提訴される いるんですね、いまだに。こんな人。 昔から好きでじゃなかった。この人。右翼だから。 ちょっと待てよ、この人次期首相候補〜!?。勘弁してくれ〜。 日本滅びるで、こんな人首相になったら(笑)。 それにしても、慰謝料1000万円ってちと高くない? ま、勝っていいとこ1〜200万だな、こりゃ。 ...続きを見る
おフランスざんす
2005/07/15 10:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
私どものブログへのコメントならびにトラックバックありがとうございました。私も戦略的思考を前提に考えれば見方もぶれず一貫した主張が出来ると、岡崎久彦さんの書籍から学びましたね。ですからこの10年くらいは岡崎さんの主張で勉強させてもらった感じです^^;ですから親米保守という括りに入る思想の持ち主です。こちらの記事も私にとっては勉強になる興味を引くことばかりです。これからも読ませてもらいますので、私どものブログにも遊びに来てくださいね、ありがとうございました。
vivi
2005/07/13 22:44

コメントする help

ニックネーム
本 文

他人ブログのリンク

石原都知事とフランス 高橋和司 戦略 Blog/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる